ニキビは何度も繰り返しできやすいお肌の

ニキビは何度も繰り返しできやすいお肌のトラブルです。
治癒したからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、すぐにまたニキビはできてしまいます。
繰り返しニキビができないようにするためには、肌をキレイにし、不摂生な食事をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大切なこととなります。
ニキビが炎症を起こしてしまった場合、洗顔などでほんの少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。
そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どんなに気になっても決して指で触ってはいけません。
触ると痛いのももちろんですが、雑菌が指から入って、さらに炎症がひどくなる可能性があります。
テカテカしがちは肌の場合、潤いたっぷりな肌質に見えますが、実は潤ってはいない状態、というケースが多いです。
肌表面がカサカサしていないのは、テカリの目立つ肌は過剰な皮脂分泌が行われている状況なので、表面上の乾燥には強い傾向にあるためです。
でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますから、洗顔をすることで、余分な分を洗い流すことが大切です。
ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。
ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。
それで、怖くなってしまってすぐに中止したのですが、肌の状態が正常に戻ったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、キレイにニキビが改善できました。
それからは、ニキビができるとピーリングを行っています。
ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有で使用していたり、直接肌が触れてほったらかにして洗わずにいると、ニキビがうつってしまうことがあります。
また、手で自分のニキビを触って、顔を触ってしまうと、そこにもニキビができる可能性があります。