二人目が欲しかったのですがなかな

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。
料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、ほどなくして下の子ができました。
費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。
皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普通の食生活で推定される摂取量では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売られていますので、こうしたものを利用することで、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
厚生労働省の発表によりますと、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
不妊の根本的な原因は、排卵障害や着床障害といった女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側の原因とが考えられます。
更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、両親ともに受診して検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。
この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性にも出来る妊活があるんです。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。