二人目が欲しかったのですがなかなか授からないので

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、早々に二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。
妊娠した後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。
葉酸の適切な摂取は胎児の先天異常を発症させにくくすると知られています。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆や貝類を食べるのを推奨します。
妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
流産や不妊の原因因子として、母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、そうではないのです。
葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が大切な期間という訳です。
なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。
長男が生まれていましたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。
無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。
産み分けをして良かったと思っています。