二児の母です。妊活をしていた時友達が貸

二児の母です。
妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
妊娠を希望する人は、妊活中に適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に書いてありました。
胎児が健やかに育つために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸サプリにサポートしてもらうのもお勧めだそうです。
安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、妊活を続けていきたいと思っています。
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、造血作用を高める効果があります。
それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。
葉酸で血液が増産されると、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役立つのです。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。
細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、日常的な食事以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
皆さんご存知のように、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。
妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。
サプリを飲むときには、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を25種類前後入っているものを選べば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので妊娠を計画している女性は今から飲んでおくと安心です。