妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸はサプ

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。
殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。
胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠3か月までだと言われていますが、母体にとっても重要な役割を果たしているのです。
ですので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお勧めですね。
妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。
長男が生まれていましたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたという訳です。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。
排卵誘発剤が有効というので試してから、そう時間をおかず妊娠することができました。
病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。
もっと早く来たかったですね。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったこともよく耳にします。
上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。
できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
それが功を奏したのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。