皆さんは妊活と言えばどのような活動をイメージする

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。
なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
もちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してください。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
例えば、妊娠前から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な成分らしいです。
妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。
野菜を十分に摂れない時は、サプリを使うのもお勧めだそうです。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、摂取する量には気を配ってください。
中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含有していますから、既定の容量を厳守するようにしてください。
どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。
胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。