親友の話なのですが妊活を頑張っていた

親友の話なのですが、妊活を頑張っていた頃、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
その子によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。
妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。
漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言い出しにくい感じがしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。
料金は1回2800円で安価でしたが、そう簡単には妊娠できず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
それが功を奏したのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
赤ちゃんを授かって栄養指導を受けたり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。
こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。
葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱すると失われやすいというリスクを理解し、摂取するようにしましょう。
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。
妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は胎児の先天異常を発症させにくくするらしいのです。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆や貝類を食べるのをオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
厚生労働省の発表によりますと、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸の摂取を心がけてみてください。