親友の話なのですが妊活中に漢方を欠か

親友の話なのですが、妊活中に漢方を欠かさず服用していたようでした。
彼女によると冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。
漢方なら、妊活中でも安全に服用できると思います。
漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が正式に厚生労働省が推奨しています。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんに悪影響が無いように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが心掛けたいですね。
いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった婦人科面での要素と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性のほうに起因するものが想定されます。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。
赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女ともに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。
基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
毎日、起床時に体温を測るという注意点もあるので、きちんと守っていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。
葉酸の摂取によってお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的見地からも認められています。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合も少なくありません。